敏感肌の方に嬉しい成分 (ココイルイセチオン酸ナトリウム)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

今回は、ココイルイセチオンサン酸ナトリウムについて書かせて頂きたいと思います。

ちょっと長いですね、、笑

特徴から書かせて頂きます。ココイルイセチオン酸ナトリウムは、肌にやさしいとされているアミノ酸系界面活性剤です

皮膚への刺激が少ないので敏感肌な方、今までシャンプーで頭皮が痒くなったなどフケが出てきたなどある方などは、比較的安心して使えると思います!!

石鹸の質を改良する洗浄剤として開発され、石鹸に近い柔らかく滑らかな泡立ちで保湿もある性質が特徴的です。

欠点としては、他の洗浄成分との組合せ(配合バランス)により機能性・安全性を高めた処方構成で皮膚に優しくく作られているため従来のシャンプーに比べると少し洗浄力が劣る事です

ヤシ油脂肪酸にナトリウムを結合した脂肪酸ナトリウムで構成されていて皮膚や毛髪に対して保湿効果もあり、シャンプー、トリートメントやボディーソープに配合されてます。

頭皮に少し心配がある方は、シャンプー選びに参考にしてみてください^^

薄毛で悩まれてる方へ(酢酸トコフェロール)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

今回は、結構好評な女性の頭皮に大事な成分シリーズを書かせていただきます^ ^

<br>豊里” class=”speech-icon-image”></figure><div class=
豊里

過去の記事でも色々と紹介させて頂いておりますので是非読んでいただけたらと思います!

早速、本題を書かせていただきます。酢酸トコフェロールという成分を耳にしたことは

ありますでしょうか??商品によって成分記載名が変わってきますが。酢酸DL-a-トコフェロールとも表記されている場合もございます。

そんな酢酸トコフェロールですがビタミンE(トコフェロール)誘導体の一種で血行を促進する効果が高く、優れた抗炎症作用も持ち合わせるとされています。

過去の記事でも何度か書かせて頂いていますが頭皮の血行不良は薄毛の代表的な原因の一つです

頭皮の血行が悪くなると頭皮が固くなり、健康な髪が生まれ育つための栄養素が髪の製造を担っている毛乳頭に届けにくくなっていまいます。

そのため、栄養不足の弱い髪しか生えてこなくなってボリュームが減ったり、して髪が少なくなってしまうのです。

この悪化した環境を改善してくれるのが酢酸DL-α-トコフェロールです。

研究でも皮膚刺激がないとされていて他にも肌にやさしく、薬用リップケア用品のほかメイクアップ化粧品や日焼け止め、洗顔料などに幅広くの製品に配合されています。

頭皮に塗布し、固くなった頭皮をやさしくマッサージするようにもみこむことで、徐々に頭皮に浸透し血行が徐々に改善し、頭皮がやわらかくなってくると、頭皮のすみずみまで栄養分が送り届けられるようになります。

さらに、酢酸DL-α-トコフェロールの抗炎症作用が過剰な皮脂分泌による頭皮の炎症や毛穴の詰まりを改善するとされています。

静電気に効果的な成分 (アモジメチコン)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

今回は、帯電防止の役割も備えたアモジメチコンについて書かせていただきます。

前に前に書かせて頂きましたこちらの記事を読んで頂いた方が理解が高まると思いますので
宜しければご覧ください。

アモジメチコンとは、ジメチコンの末端にアミノ基がついた

アミノ変性シリコーンです

痛んだ髪の毛の部分に吸着する事で保護し、広がりを抑える効果があると

さてておりジメチコンよりしっとり感があり髪の毛に柔らかさや艶を与えます

アミノ基を有する事から、ケラチンタンパク質と馴染みがよく、髪の毛への

吸着性が高まり、潤骨性その持続性に優れていることから様々な

ヘアケア製品に配合しています。

帯電防止に関しては、毛髪の表面はマイナスに帯電しているためプラス(陽イオン:カチオン)が吸着しやすい状態であり、カチオン界面活性剤は毛髪の表面に吸着してうすい膜(単分子膜)を形成し、また毛髪を柔軟にしすべりやすさを改善することで帯電を防止します。

薄い皮膜を作り水分を逃がさないため、基礎化粧品や日焼け止めなどにも配合してる事が多いいです。

さらに皮膜によって化粧崩れが抑えられるため、メイクアップ化粧品に使われることもあります。乳液、美容液、パック、顔用日焼け止め、ファンデーションなどに配合されている事が多いいです。

以上アモジメチコンについて書かせて頂きました。

女性の育毛に欠かせない成分②(グリチルリチン酸)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

前回反響が良かったので女性の育毛での有効成分を書かせていただきます。

https://sowester.tokyo/417/

前回書かせていただいたブログはこちらです。

今回はグリチルリチン酸について書きます!!

僕なりの最初の印象はグリチルリチン、、言いづらいですね、、 笑

お客様に説明するとき調子が良ければ1回で言えますが

大体かみます ww はい!どうでもいいですねすいません、

そんなグリチルリチン酸ですが、甘草という漢方薬に含まれている

成分の主成分です。甘草は、中国やオーストラリアなど乾燥した

土地に自生する多年生植物です。

紀元前から薬として、用いられていたとされていて6,7割の漢方薬にも

配合されてます代表的な物だと、葛根湯、小青竜湯、小柴胡湯などに

配合されています

抗炎症作用、抗アレルギー作用を持つとされていて、肌に対する刺激が

少ない事から、薬用スキンケアや、薬用育毛剤、薬用シャンプーなど

によく配合してます。

頭皮に対して使用することで、頭皮環境を改善してすこやかに保っていけると

きたいできます!!そしてセラミドという、肌を乾燥から守っている潤い成分

をサポートする働きがあるとされバリア機能をサポートします

以上です。最後まで読んで頂きありがとうございました。

シリコーンについて (ジメチコン編)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

今回は、ジメチコンについて書かせて頂きたいと思います。

今回の題名にも書いてある通り、トリートメントの成分表記を

見てみると大体ジメチコンと書かれています。

何者かと先に言いますとジメチコンは、シリコーンの一種です。

7~8年前に凄く話題になったシリコーンVSノンシリコン。

皆様もきにしてましたか?当時は色んなお客様から結局どっちが良いのか?とよく聞かれました。

あ、ちなみにシリコンと言いますが正式には、シリコーンと言うみたいです!

伝われば、どっちでもいいですね (笑)

はい!次行きまーす w

実は、シリコーンには、結構色んなのがあってアモジメチコン、

シクロペンタシロキサンと他にも色々な種類かあります。

1つ、1つ書いていたら広辞苑より分厚くなりそうなので、

またどこかのタイミングで書かせて頂きたいと思います。

実際ジメチコンの効果は、洗髪の際毛髪どうしの摩擦を軽減させ絡まりやす髪の毛や枝毛などダメージなどをなめらかな仕上げりにしてくれて指通りなどを良くする質感コントロール効果が凄く優れています。そしてダメージを受けてパサついた髪の毛に艶を取り戻すこともできます。

数年前にシリコーン配合されていたら良くないんじゃないか?など色んな不安な声を

耳にしましたが、適量で使えば全く悪いことは無いので安心してください!!

むしろヘアケアに適していると僕は、思います。

どこかのタイミングでシリコーンの全貌を書かせて頂きたいと思います。

では、今回は、この辺で失礼いたします (*^^*)

女性の育毛に欠かせない成分 (セブリンエキス編)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

今回は、セブリンエキスについて書かせて頂きます。

セブリンエキスと言うワードは、聞いたことありますか?

聞いた事もないという人のためにも少し説明させていただきます。

セブリンエキスとは、日本や中国などに自生しているリンドウ科セブリン属の

草からアルコールなどで抽出したエキスです。

日本には、主に山地に自生していて室町時代からと古くから薬草として腹痛などに

用いられてきた日本の代表的な民間薬と言われてます。

室町時代ですよ!?金閣寺と同世代ですね(笑)

そんなセブリンも近年では、絶滅危惧種とされるほど

減少してきたと言われています。

そんなセブリンエキスが女性の育毛には欠かせないと言われています。

どんな効果があるのか書いて行きます↓

皮膚の温度を上げ皮膚毛細血管の増強などの作用が皮膚細胞の代謝改善、血行促進、細胞分裂の活性化があるとされておりまして近年では発毛促進に効果的とされてます。

加齢による肌のダメージや病気など老化現象のほとんどは

毛細血管の血流不足が原因とされており、毛細血管が衰えると栄養や水分が

外に漏れ出たり血流が流れないゴースト血管という幽霊部員みたいな

やつが出てきます。

そのゴースト血管が増えると磯野浪平みたいな頭になります。

センブリエキスは、そのゴースト血管を防ぎ改善する役割が期待されているのです

近年では、血行促進効果によって皮膚の血色を改善する目的で

メイク用品、マッサージオイル、洗顔料、などにも配合されています。

フケなどに良い保湿成分(ホホバオイル)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。
今回は、ホホバオイルについて書いていきたいとおもいます!!
ホホバオイルと言う成分名を耳にした事は、ありますでしょうか?
ホホバ種子油と表記されていることもあります。

そのホホバオイルは、アメリカ南部からメキシコ北部の乾燥地域にある
ホホバと言う植物から摂取される植物油です。

ホホバオイルは、保湿力に優れていてダメージを受けてる髪の毛につけると
潤いをあたえてくれて、乾燥を抑えてくれます。
また、髪の毛や肌の天敵である紫外線からも髪の毛を守ってくれます!

それだけではなく、フケ原因菌の増殖を抑えて余分な脂などを除去し
フケを抑え頭皮のターンオーバにも有効的だとされていて頭皮にも良い成分です。

さらに頭皮や髪の毛以外にも様々なところでも役立っています。
湿気が多いい時期など、特に最近はマスクなどでムレやすくなりカブレなどでを
そういう荒れやただれなどに、ホホバオイルに含まれるビタミンが効果的と言う
事も証明されており昨今のホホバオイル人気に火をつけています。
私もホホバオイル配合のトリートメントを自分でも、お客様にも使用させて頂いたことがありますが
洗い上がりや、髪の毛を乾かした時のまとまりが良かったと思いました。

抜け毛に効果的な成分(ヘマチン)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留 豊里です。

今回は、ヘマチンについて書かせて頂きたいと思います。

別名ヘミンともよばれてます。

そもそもヘマチンとは?細かく説明させて頂きますと、、、、

人間を含む脊椎動物の流れる血液にあるとされています赤血球の中に酸素分子と結合する性質をもって肺から全身へと酸素を運搬する役割があるヘモグロビンと言われているタンパク質の中に含まれる成分です。

ヘマチンは、タンパク質とくっつきやすく酸素を吸収する性質を持っています。

そのため髪の毛を形成するタンパク質のケラチンとくっつき痛みなどをを保護する役割があります

白髪染めや通常のカラーリングの薬液には、アルカリ、染料のほかに過酸化水素という成分が

含まれており、その過酸化水素が時間が経つと酸化して活性化酸素に変わります。

これがカラーリングの仕組みです。

実は、その活性化酸素が白髪の原因だと言う説もありそして活性化酸素はかなり流れずらいです。

こんな経験はございませんか?美容室でカラーリングをしても数日シャンプーをしても泡と一緒に色がついて出てくる、、、

もちろん美容室側としてもしっかりとシャンプーをさせていただいております。

それでも出てくる位、過酸化水素が活性化酸素に変わると流れにくいということです。

そんな活性化酸素をヘマチンが除去してくれると言われています。

他にもヘマチンには、男性ホルモンが原因で起こる抜け髪や紫外線から肌や頭皮を守り男性ホルモンの活性化を抑えるとされていて最近では、ダメージエイジングケア抜け毛防止に効果があるとされて積極的に配合されています。

健康な髪の毛を作り出す成分(加水分解コラーゲン)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSowester汐留豊里です。

今回は、加水分解コラーゲンについて書いていきたいと思います。

コラーゲンペプチドともよばれておりそもそもよく耳にするけど、コラーゲンってなにか?

コラーゲンはタンパク質で体全体のタンパク質の約25%がコラーゲンだと言われており加水分解コラーゲンは、そのコラーゲンの加水分解物で牛や豚の骨や皮、海洋物の皮などをアルカリ、酸、酸素など加水分解して作られると言われており血流に吸収されると、ヒアルロン酸をより多く生成させることができそのため損傷した組織を体が修復するのに役立ちます。

肌や髪の毛への浸透力と体への吸収する力が高いとも言われておりそのため、肌の構造を支え、健康な髪をつくります!!

ダメージが原因でパサついた髪の毛や湿気などで髪の毛が広がりやすいなどの髪の毛を抑えてしっとりするサラサラになる印象です

広がりパサつきが気になるかたは、是非試してみてください(^_^)

 育毛成分ミノキシジルについて

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSowester汐留豊里です。

これまでは、ヘアケアについて書かせて頂いてましたが今回からヘアケアと髪の毛にとって

切っても切れない関係にある頭皮のケア成分についても書かせて頂こうと思います。

頭皮ケア第1回は、ミノキシジルについて書かせ頂きたいと思います。

最近CMなどでも耳にするミノキシジルとはいったいどういうものなのか、、、?

手短に分かりやすく説明させて頂きたいと思います!!

ミノキシジルとは、血管拡張薬です!

血管拡張薬血管平滑筋に作用し血管を拡張させる作用がある薬です。

最近では一般用医薬品としても販売されていて様々な商品に入っています。

髪の毛の成長には、毛包と言う毛を生産する部位に包まれた毛乳頭という毛の成長などの根源となる部位と毛母細胞という毛髪を作りだす細胞が大きな役割をしている部位に、毛細血管という体内の細胞に栄養や酸素を運び、老廃物を回収する重要な役割の血管が入り込み血中から酸素を受け取って毛母細胞へ供給します。この一連の流れが毛髪の成長の過程です。

老化していくにつれて髪の毛が薄くなるのは、毛細血管の衰えにより流れが悪くなるという事があげられます。

ミノキシジルは、毛細血管を広げ血液の流れを早くし毛母細胞を刺激する物質を生産して毛乳頭を増加させると効果があると言われています。

最後にミノキシジルには、重度ではありませんが、頭痛やめまいという副作用があると言われてます。肌が弱い方はかゆみやかぶれがあると言う報告もありますのでもし使用中にその症状が起きた場合すぐに使用をやめてください。

これからは、頭皮ケア、ヘアケアをバランス良く書いていきますので宜しくお願い致します。

最近読者からのお問い合わせがちょいちょい来ていて嬉しいです。

気になることや、質問などがあればお気軽にお問い合わせください

お問い合わせページ

※セールスや営業目的のお問い合わせは、大変恐縮ですがお返事を致しかねます。