静電気に強い成分 (べへントリモニウムクロリド)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

最近、日が落ちるのが早くなり秋の気配がしますね!

そこで秋冬と言ったら静電気が発生しやすくなり髪の毛の

一部が言うこと聞かなかったりとした経験はございませんか?

今回は、静電気に有効な成分べへントリモニウムクロリドについて書かせて頂きます。

べへントリモニウムクロリド長くて覚えずらいですね、、笑

べへントリモニウムクロリドとは?

陽イオン界面活性剤で静電気を除去し、指通りを良くして

髪のまとまりを良くする柔軟性があるしなやかな髪にしてくれます。

またタンパク質に付着出来るとされており

ダメージ毛の表面に吸着し絡まりなども防げます!

界面活性剤とは?

疎水基親水基両方を持つ物質です

身近にあるわかりやすもので言うと石鹸など

洗剤の主成分です。

ヘアケアを目的として多数のヘアトリートメントなどに配合されてます!!

最後にべへントリモニウムクロリドは配合してる量によりますが、殺菌力がつよく消毒用洗浄剤などに配合されてるものでもありアレルギー性があるとされておりお肌が弱い方やそして現時点で使ってて肌が荒れた、痒くなったと言う方は、使用を控えた方が宜しいかと思います。

インスタグラムでは,日々のお客様のスタイルも投稿してますので是非見て頂ければ嬉しいです^_^↓

ヒアルロン酸を詳しく!

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

今回は、ヒアルロン酸が髪の毛と頭皮にどういう風に良いのかを書かせていただきます!

良く耳にすると思いますが、、

ヒアルロン酸とは、代表的な保湿成分の1つで水分を蓄える機能を持つ糖質の中の一つで人間の体内に存在するゼリー状の物質で、皮膚や筋肉、軟骨などで細胞同士をつなぐ働きがあり肌の内部やひじ、ひざなどの関節部分、皮膚や関節、眼球の硝子体などにおおくあるされています。

肌のうるおいをキープして、弾力のある肌に欠かせない成分でまた、ヒアルロン酸は質量に対して、600倍もの水分を蓄えられるほどの保水力を持つと言われております。

わかりやすく説明いたしますとヒアルロン酸1gに対して6リットルの水分を保てることになります。

紫外線や加齢によって皮膚中のヒアルロン酸やコラーゲンが損傷するとされ、70代の人の皮膚のヒアルロン酸は10代の人の約25%の量にまで減少するとされてます。

ヒアルロン酸を配合したシャンプーは、髪と頭皮の保湿効果が期待できます。

頭皮のうるおいをキープする働きがあるとされており、頭皮の血行がスムーズになり、健康な髪が成長する頭皮環境に近付とされておりうるおいのある頭皮はある程度の厚みが生まれるため、頭皮全体が持ち上がり、顔のたるみやシワの改善につながるとされています!

歳と共に髪の毛の癖が出てきた、髪の毛が細くなって来たなどという声を良く耳にします。

それは、もともと頭皮と頭蓋骨の間にヒアルロン酸が存在するのですが、紫外線や年齢、乾燥などの要因でヒアルロン酸が減少して行くとされており頭皮が頭蓋骨の方向に沈むと顔のたるみが起こり、白髪や抜け毛の原因になります。そのためヒアルロン酸で頭皮を保湿することは健康な髪とアンチエイジングケアに欠かせないのです。

最後におまけですが、ヒアルロン酸は豚足、鶏ナンコツなどの食べ物に良く含まれています!!

カラーリングの退色などが気になる方 (ココイルメチルタウリンNa)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

それでは、今回も良い成分を書いていきたいと思います!!

今回紹介させていただく成分名は、ココイルメチルタウリンNaです。

約30年のくらいの使用実績があり皮膚刺激性やアレルギー性は非常に低いとされており安全性が高い界面活性剤と考えられています

また、キューティクル剥離性が弱いとされており朝も夜もシャンプーをしています!!っという方がいましたら使い勝手が良いかなとおもいます。

ダメージのある髪や細い髪なデリケートな髪にも使用できるため、割と高価なシャンプーなどに配合されています。

ヘアカラーの退色が少ないので、染めた髪色が長持ちするとされておりサロン専売品に配合されているのを良く見かけます。

ベビーシャンプーに使われるほどの低刺激な安全性の高い洗浄成分です。

肌のあれやすい方やダメージのある髪、ヘアカラーの退色が気になる方に是非試して頂きたい成分です。

植物と動物の自然由来なので刺激が少なく、しかも泡立ちは比較的良いという特徴があります。

ココイルのココとはココヤシ油のことで、「アシルメチルタウリン」「ラウロイルメチルタウリンNa」とも呼ばれるアニオン界面活性剤です。

アミノ酸に似た特徴を持ち、界面活性剤では刺激が少ない成分の一つです。

タウリンとはイカ、タコ、カキ、牛の胆汁などに含まれるアミノ酸に近い成分で、通常タンパク質の構成成分にはなっておらず

遊離状態で細胞を正常に保つ働きをしている成分です。

前にココイルイセチオン酸Naの事も書かせて頂いてますので是非読んでみてください。

素敵な育毛成分 (クララエキス)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です!

今回は、頭皮、髪の毛にも良いとされるクララエキスについて書いていきます。

クララエキスとは、、、、

クララの根という植物から取れる成分で、保湿殺菌皮膚コンディショニング発毛、に効果があるとされていて近年さまざまなヘアケア商品に配合されています。

発毛効果が期待できる事から、育毛シャンプー、マッサージクリームなどの育毛製品の成分として使用されていて尚、血行促進作用や細胞を活性化させる働きがあるため、エイジングケアや育毛に効果が期待できます。

また、クララエキスには、肌のハリや弾力を定価させる酵素エラスターゼの活性抑制効果があり、美白効果も期待できるとされており美白化粧品にも使用されています。

また殺菌力が強いのでニキビケアに、美白作用があることが確認されているので美白化粧品にも使用されています。

収れん作用と保湿作用があるので乾燥肌にも脂性肌にも使用でき、皮膚を整える目的で配合されています。

ニキビ・肌荒れを防ぎ、また、ふけやかゆみを防ぎ頭皮をすこやかに保ちます。

近年、エイジングケア成分としても使われることもあり、美白、日焼け予防、日焼け後の皮膚を整える作用もあります。

クララエキス意外にもいろんなエキスがありますので今後、髪や頭皮、肌に良いとされている様々なエキスを紹介していこうと思います!!

髪の毛の艶、手触り共に(シクロペンタシロキサン)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

今回は、シクロペンタシロキサンと言う成分について書かせて頂きます。

シクロペンタシロキサンとは、シロキサンという成分から出来ているシリコン成分で、シリコーンオイルの一種です。

無色透明で揮発性を持っている液状型シリコンオイルです。

無色無臭で日焼け止め、ファンデーション、スキンケア製品、などに溶剤として幅広く使用されています。オイルでありながらベタつきがなく、軽く伸びやすい、さらっとした質感が特徴です。

揮発性がありますが、蒸発しても皮膜を形成して水をはじくため、ウォータープルーフタイプの日焼け止めや化粧品などの成分表記を見てみると記載されているのを良く見かけます。

ヘアケアとしては髪にツヤを与え軽い仕上がりでべたつきにくいことから、ヘアコンディショナーやトリートメントにも使用されています

また、シクロペンタシロキサンは化粧品表示成分ですが、医薬部外品として使用する場合デカメチルシクロペンタシロキサンなど表示されていることもあります。

ごく稀にシクロペンタシロキサンを使って赤くなった、痒くなった、など耳にすることがありますので

アトピー性皮膚炎などアレルギー体質の方は、注意しながら使うことをお勧めします