陽イオン(カチオン)界面活性剤について(SoweSter汐留)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

今回は、前回からの続きで陽イオン(カチオン)界面活性剤について書かせていただきたいと思います。

陽イオン(カチオン)界面活性剤は,一般的に逆性石鹸言われており、通常の石鹸(普通石鹸)は、水に溶けた際に親水基が陰イオンに電離するのに対し逆性石鹸(陽性石鹸)は水に溶けた際の親水基が陽イオン(正の電気を帯びる)に電解するため陽イオン(カチオン)界面活性剤と言われているのです。

逆性石鹸を細菌やカビの微生物に作用させると、その表面の生体高分子に吸着して変性させることから殺菌性、吸引性、柔軟性、帯電防止性に優れていて毛髪用のリンス、トリートメントや消毒剤など洗濯用洗剤や柔軟剤に配合してます。

陽イオン(カチオン)界面活性剤の一種である塩化ベンザルコニウムという液体がありますが、オスバンやヂアミトールの商品名で薬局などで販売されており塩化ベンザルコニウム水溶液は日本薬局方収載医薬品で逆性石鹸として殺菌・消毒用に用いられておりオスバンやヂアミトールは陽イオン(カチオン)界面活性剤という事になります。

“陽イオン(カチオン)界面活性剤について(SoweSter汐留)” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。