角質層に多く存在するアミノ酸 (SoweSter汐留)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

今回はセリンと言うアミノ酸について書いていきたいと思います。

角質層の約40%はアミノ酸で構成されているのですが、そのアミノ酸の中でセリンは、最も多いアミノ酸で、システインと言って代謝の手助けをしてくれて毛髪にも多く含まれているアミノ酸が存在するのですがそのシステインに変換されて皮膚・爪などにも多く含まれており、細胞を新たに生み出しシミやそばかすなどの原因となるメラニンの生成を抑え美肌や美白効果があるとされ刺激もない成分で化粧水、美容液やトリートメントなどに含まれており食物には、大豆やイクラ、海苔、牛乳などに多く含まれております。

髪に直接的な関係は、ないのですがセリンには、シナプスといって神経情報を脳に伝達する伝達物質のアセチルコリンを生成し、そのアセチルコリンは副交換神経といって心身を鎮静状態に導く神経が存在するのですがその副校長の末端から分泌されて自律神経に重要な存在で考えたり判断を下すために脳を健康な状態を維持してくれる効果がと言われ高齢者にのアルツハイマーの予防効果もあるととされております。

セリンは、私たち人間の体にとってとても必要な成分だとおもいます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。