白髪がと関連する成分 (SoweSter汐留)

汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

今回はチロシナーゼ(モノフェノールモノオキシターゼ)という成分について書かせて頂きます。

我々人間の体内にメラニン色素といって肌や髪の毛、瞳などの色を構成している色素が存在していてそのメラニンの生成に必須なのがチロシナーゼです。

紫外線、大気汚染などに当たると皮膚の表面で活性酸素が発生しその刺激によってメラノサイトと言うメラニンの元になる成分が活性化され、チロシナーゼが生成されそのチロシナーゼはチロシンと言う神経伝達の原料とされる非必須アミノ酸をドーパと呼ばれる化合物に変化させてさらに、ドーパをドーパキノンに変化させるという2段階の反応しこの一連のメカニズムでメラニンが生成されと言われおります。

髪の毛の色は、メラニンが多いほど毛髪は黒く毛髪からメラニンがなくなると白髪になりそれとは、逆でシミやソバカスなどはメラニン色素が過剰に生成や蓄積されることによってできるとされております。

アジア人の髪の毛が黒いのは、メラニン色素が多いくて逆に北欧やブロンドの方達はメラニン色素が薄いから金髪に近い髪色をしているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。