薄毛で悩まれてる方へ(酢酸トコフェロール)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

今回は、結構好評な女性の頭皮に大事な成分シリーズを書かせていただきます^ ^

<br>豊里” class=”speech-icon-image”></figure><div class=
豊里

過去の記事でも色々と紹介させて頂いておりますので是非読んでいただけたらと思います!

早速、本題を書かせていただきます。酢酸トコフェロールという成分を耳にしたことは

ありますでしょうか??商品によって成分記載名が変わってきますが。酢酸DL-a-トコフェロールとも表記されている場合もございます。

そんな酢酸トコフェロールですがビタミンE(トコフェロール)誘導体の一種で血行を促進する効果が高く、優れた抗炎症作用も持ち合わせるとされています。

過去の記事でも何度か書かせて頂いていますが頭皮の血行不良は薄毛の代表的な原因の一つです

頭皮の血行が悪くなると頭皮が固くなり、健康な髪が生まれ育つための栄養素が髪の製造を担っている毛乳頭に届けにくくなっていまいます。

そのため、栄養不足の弱い髪しか生えてこなくなってボリュームが減ったり、して髪が少なくなってしまうのです。

この悪化した環境を改善してくれるのが酢酸DL-α-トコフェロールです。

研究でも皮膚刺激がないとされていて他にも肌にやさしく、薬用リップケア用品のほかメイクアップ化粧品や日焼け止め、洗顔料などに幅広くの製品に配合されています。

頭皮に塗布し、固くなった頭皮をやさしくマッサージするようにもみこむことで、徐々に頭皮に浸透し血行が徐々に改善し、頭皮がやわらかくなってくると、頭皮のすみずみまで栄養分が送り届けられるようになります。

さらに、酢酸DL-α-トコフェロールの抗炎症作用が過剰な皮脂分泌による頭皮の炎症や毛穴の詰まりを改善するとされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。