ヘアオイルなどによく入っている成分(SoweSter汐留)

東京 汐留で小さな美容室の代表をさせて頂いてますSoweSter汐留豊里です。

今回は水添ポリイソブテンについて書かせていただきたいと思います。

水添ポリイソブテンは、イソブテンとn-ブテンを共重合させた後、水素添加して得られる炭化水素化合物で、揮発性のある油分で、肌や毛髪にツヤや光沢を与えたり、感触をよくしたりする効果があり洗い流さないトリートメントなど、オイル系によく入っている成分なんですが、他にも化粧品の成分にもよく使用されており密着性が高く、ウォータープルーフのようにメイク崩れをしやすい時に使用する化粧品にも利用されております。

非水系増粘剤の効果のある成分で、口紅やリップグロスなどで、粘度調整剤として使用したり、密着度を高めるために使用されており、ツヤ感を出す目的としても使用されています。

個人的に使っていて髪に馴染みよくあまりベタつかないのも使用する上では、ポイントが高いとおもっています!

皮脂に存在するスクワランに類似した性質をしているため、合成スクワランとも呼ばれております。

スクワランは、浸透性が良いものですが、水添ポリイソブテンは、分子量が高い事もあり、

浸透性はありませがまた水素を添加している事で、光、酸化に対して強くなっている成分で日焼け

や紫外線などからお肌や、髪の毛を保護してくれます!

スクワランについて詳しく書かせて頂抱いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。